« ダブルショック! | トップページ | レンストカード雑感(3弾編) »

2006年8月14日 (月)

レンスト大会~

行って来ました。

と言うか主催が俺な訳ですが(笑)。


先日のボウケン&カブト映画を見たあと、
某中島氏と2時間くらいぶっ通しで3弾入りデッキでスパーをし、
その後、近くの喫茶店で1時間ぐらい、
あーでも無いこーでも無いとギロンやバイラスを戦わせた挙句完成したデッキ4つ。

今回は、そのうちの「赤青Mユニット回収エンジン入りデッキ」で大会にチャレンジ。
(デッキレシピは「続きを読む」へ)

このデッキ、少しでもレスキューファイター超電子レーダーを貼るタイミングがずれると、
とたんに貼ったこちらがつらくなるので、その辺のみは慎重に。
ただし、回収エンジンが組みあがってしまえば、
赤Mユニットは使い捨てるような勢いでガシガシ特攻。

ま、そんなこんなで、何とか2位までいけました。
参加者6人だったけどな。

結局、負けたのは、先日の議論中、
「このデッキを倒すためにはどういうデッキを組めば良いか」
と言う思考実験のさなか生み出された
「低コストSユニット連続ストライクデッキ」であったため、

「我々の考え方は間違っていなかった!」

と確信がもてたので負けて悔いは無し(笑)

その後、フリープレイの時間に、前々から作ってみようと思っていた
「赤緑コマンド破壊デッキ」を、とりあえずでっち上げてみる。

ためしに戦ってみたところ、赤Mユニットメインのデッキに対して

コマンド破壊→ジェットファルコンでユニット引っ張り出し
 →コマンドが無いので赤Mユニットが引っ張り出せない
  →そうこうしてる間に相手にパワーが溜まってアバレンオー→負け

と言う、若干予想外の負け方をしたため、デッキを改良。
(そして完成したデッキレシピは、また「続きを読む」へ)

なんだかんだいって、他人と戦わないとデッキの欠点は見えてこないものだなぁ、と
つくづく痛感した一日でした。

「赤青Mユニット回収エンジン入りデッキ」
2 ティラノレンジャー
2 プテラレンジャー
2 ガオイエロー
2 ガオブラック
3 ピンクレーサー

2 守護獣プテラノドン
2 爆竜ティラノサウルス
3 爆竜トリケラトプス
2 爆竜プテラノドン
3 ガオイーグル
3 ガオシャーク
2 ガオタイガー
2 ガオコング
3 レスキューファイター

2 アバレンオー

2 百獣アニマルハート
3 超電子レーダー

超電子レーダー環境で相手のパワーを抑制しつつ、
レスキューファイター→超電子レーダーのコンボで赤Mユニットを使いまわすデッキ。
撃破を恐れずMユニットでストライクするのが勝利の鍵。

「対赤青用赤緑ウィニーデッキ」
3 タイガーレンジャー
3 アバレッド
3 アバレブルー
2 ガオレッド
2 ガオブラック
3 ガオイーグル
3 ボウケンレッド
3 ボウケンブルー
3 コロン

3 守護獣プテラノドン

3 バトルダンス
3 新体操アクション
3 サイバースライダー
3 スーパーレスキュー

「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」の心構えを元に、
あえて上記の赤青デッキにメタを張って構築したデッキ。
基本的にパワー3以下のユニット・オペレーションで構築されており、
平時は「緑温存・赤使い捨て」で、
時がくればバトルダンスでの3点ストライクを狙って戦う。

「赤緑コマンド破壊デッキ」
2 マンモスレンジャー
3 プテラレンジャー
3 バルイーグル
3 バルパンサー
2 ボウケンブルー
3 ブルードルフィン
3 コロン

3 守護獣プテラノドン
2 ガオイーグル
3 ガオコング
2 ゴーゴードーザー
3 ジェットファルコン

3 ダイナマイトパワー
3 サイバースライダー
2 アドベンチャー

言わずと知れたコマンド破壊デッキ。
基本はアドベンチャー環境下において、
サイバースライダー、緑Mユニットを使ってコマンドアドバンテージの構築を行う。
敵ユニットは、ジェットファルコン→ゴーゴードーザーのコンボでひとつずつ確実に潰してゆく。
赤Mユニットなどで、どうしてもジェットファルコンで釣れない場合はダイナマイトパワー。

|

« ダブルショック! | トップページ | レンストカード雑感(3弾編) »

レンジャーズストライク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63699/3050623

この記事へのトラックバック一覧です: レンスト大会~:

« ダブルショック! | トップページ | レンストカード雑感(3弾編) »