« 取り扱い注意 | トップページ | なんか回ってきた。 »

2008年2月25日 (月)

たまには真剣に己と向き合ってみる。

10日くらい地獄が続いた戸斗山です。
ある意味、今も地獄が続いています。
……おかしい、少なくとも21日には地獄が終わる予定だったのに。
やっぱそろそろ辞め時か……?

さておき。
にーやのとこの記事がらみで、俺もつらつらと考えてみました。

そもそも。
オタクって辞めることが出来るものなのか
ってーのが俺の意識の中にあるわけで。
「オタク中退!? そんなのできれば苦労しねぇーよ!」的な。 

多分、俺は、かなりアップデートの遅れた古いタイプなので、
オタク=生き様なんだよね。
「その様に生きなければ生きていけなかった」人種、それがオタク。
……若い人には判らないかもしれないけど、
そういう時代があったわけですよ、マジで。

その基準で行くなら、今のオタクなんかぜんぜんオタクじゃないんだよね。
逆を言うなら、今の基準から行くと、俺は「重すぎる」
どちらが正しいというわけじゃないけど、同一宗教内の宗派の違いみたいなもんで、
こだわる人はとことんまでこだわっちゃうポイントなんだよねぇ……俺とか(笑)

だから、実は「今のオタク」の方々との交流は、微妙に居心地が悪かったりする。
全面的に俺の個人的理由だけども。

たぶん、俺は「今のオタク」がうらやましいんだと思う。
薄くったって生きていける、努力しなくても良い。
いざとなればオタクじゃなくなることだって出来る。
それはたぶん、とても幸せなことなんだ。
オタクとして、そう生きていかなければならなかった、俺にとっては。
その自覚が薄いからこそ、俺は今のオタクに説教したくなるのかもしれない。
「いいか、俺たちがお前らくらいの頃にはだなぁ……」

消去法としてのオタク、はもういらない。
選択肢としてのオタク、の時代なんだ。
と……頭ではわかってるんだけど。
まあ、こればっかりは、いまさら変えるのは無理だからなぁ。

なんか、なにが言いたいのか判らなくなってきたけど、
オタクをおちこぼれることすら出来ない人種、ってのがいるってことを
理解してもらいたいなぁ、ってことで。

お、ずいぶん真面目に語った気がするぞ(笑)。

|

« 取り扱い注意 | トップページ | なんか回ってきた。 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63699/10753628

この記事へのトラックバック一覧です: たまには真剣に己と向き合ってみる。:

» ボクはー海賊ーなのだーうーみのーおとこーなのだー [起きて半畳寝て一畳。漫画とフィギュアであと六畳。]
オタクの履修項目 オタクのドロップアウト問題 が、親記事かな? 風原兄や:オタクの卒業?おまえは留年だろ。 TOTO山閣下:たまには真剣に己と向き合ってみる。 この辺を経由してのことなので、孫、もしくはひ孫記事です。 ●とりあえず、俺の履修科目はどうなのか? ・コミック 定期購読は『時代劇コミック乱』『WJ』『KISS』『KISS+』『メロディ』『メンズヤング』『アフタヌーン』のあたり。たぶん今度から『REX』も。 立ち読み:ゴラク、アクション、サンマガ、キンマ(むこうぶち)、キンマオリジ... [続きを読む]

受信: 2008年2月26日 (火) 22:27

« 取り扱い注意 | トップページ | なんか回ってきた。 »