« ナナダン魂 | トップページ | 究極戦隊ナナンダーン »

2008年3月28日 (金)

遥かなるナナダンの秘宝

元ネタは山本正之。

仕事明け半休で、なんか寝過ごした感があったので、
起き抜けにさっき言ってた6弾環境+7弾スターター
赤青ゲキブンターデッキを組んでみました。

赤ユニット
3
ゲキブルー
3
スーパーゲキブルー
3
マスターシャーフー
3
ゲキバイオレット
3
ゲキチョッパー
3
守護獣プテラノドン
3
ゲキジャガー
3
ゲキチーター
3
ゲキウルフ
1
ゲキトージャウルフ

青ユニット
3
レッドワン
3
デネブ

オペレーション
3
ブン・ターの特訓
3
激気

……そもそもゲキブンターって一般的な単語じゃ無い気がした(笑)。
まあ、激気を貼って、ブン・ターの特訓パワーアップ形態を引いてきて、
後はそいつらがバトルエリアに出るたびに、
ゲキビーストやらパワーアニマルやら爆竜やら守護獣やらが
手札からがっつんがっつん出てくるよー、ってータイプのデッキで、
大まかに赤メイン型青メイン型の二つがあり、
なおかつ高BP型多段ストライク型Lユニット型、
ファンタスティック・テクニック型
、などのヴァリエーションが……。

で、このデッキは、
赤メイン/ファンタスティック・テクニック型ゲキブンターです。
ゲキブンターの基本スタンスに加え、
Mユニットを主にラッシュ時に効果のあるユニットに絞り込み、
なおかつその効果をファンタスティック・テクニックで使いまわす、
というのが6弾環境(ライダー2弾環境)以前も、
7弾スターター投入後も変わらないこのデッキの流れな訳ですが、
ここに投入されるのが523Mr.メンチと、なんと言ってもゲキウルフ

ゲキウルフは、能力もBPもゲキタイガーの完全な上位互換ですので、
ゲキブンターに入らないわけが無い。
なおかつ素の状態で激気持ちである523Mr.メンチのおかげで、
ブン・ターを引かずに四苦八苦する状況も軽減……とはいえ、
この二人で出せるのはせいぜいゲキジャガーまでなんですが(笑)。

のユニットは、激気orブン・ターを引かないときのお守りとしてのデネブと、
現状、やっぱり常駐対策として外せないレッドワン
地味に両方ともストライカーなのもポイントですし、
シャーフーが居る状態であれば、
レッドワンでも赤Mユニットがすべて召還可能なところもポイントです。

トージャウルフは、こりゃもう完全なお守りとして1積み。
パーツ足りないから合体して出す気0だし(笑)。
ピンチのときに颯爽と登場するもよし、
手札から見せびらかしてMr.メンチBP12000でぶん殴りに行ってもよし

うん、説明してたら、結構戦えそうな気がしてきたぞ(笑)

|

« ナナダン魂 | トップページ | 究極戦隊ナナンダーン »

レンジャーズストライク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63699/11904695

この記事へのトラックバック一覧です: 遥かなるナナダンの秘宝:

« ナナダン魂 | トップページ | 究極戦隊ナナンダーン »