« 枕元の本晒し 3日目 | トップページ | 枕元の本晒し 5日目 »

2008年10月 6日 (月)

枕元の本晒し 4日目

やっぱり、2日休むと書き出しにパワーがいりますな。
週末に休息を取るにしても1日が限界か。

ということで、重い筆を振るうために気合を入れつつ
本日紹介するのは
P1000513
『不死テクノロジー』 著:エド・レジス 訳:大貫昌子 工作舎

一言で言ってしまえば「傲慢」な科学者達を描いた本です。
科学至上主義者、といっても良いかもしれません。
とはいえ、その科学者達が言っていることは、
決して現在の科学を無視したトンデモない事ではなく、
あくまで、現在の科学の延長線上にある「可能性」であり、
いつかきっとたどり着く場所の話なのです。

人間の冷凍保存の話から始まる本書は、その後、民間宇宙ロケット
スペースコロニー計画ナノテク全般と進んでいき、
挙句には「心」のコピー人工生命・人工宇宙
惑星と恒星の分解と再構築へと至った後、
結論としては、その全ての技術が行き着く先は、
全知全能と不老不死(しかも、人類の、ではなく、宇宙全体森羅万象の)
という話になっていきます。
これを「傲慢」といわずしてなんというべきか(笑)。

本書の発行は15年前、原書に至れば18年前の本ではありますが、
今読んでも面白いし、センセーショナルです。
むしろ、その15年の間、この本にかかれている「傲慢」なアイディアのうち、
いくつが実現したのかを調べてみるのも、また楽しいのではないでしょうか。

|

« 枕元の本晒し 3日目 | トップページ | 枕元の本晒し 5日目 »

本晒し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63699/24319238

この記事へのトラックバック一覧です: 枕元の本晒し 4日目:

« 枕元の本晒し 3日目 | トップページ | 枕元の本晒し 5日目 »