« 枕元の本晒し 5日目 | トップページ | 枕元の本晒し 7日目 »

2008年10月 8日 (水)

枕元の本晒し 6日目

明日休みだからってんで、適当に部屋の片付けなんぞやっていたらP1000523
こんなもんが見つかる罠。
……何で俺がこんなもん持ってんだ?
で、これ、どうしようか?(どこか遠くを見ながら)

さて本日の本は
P1000522
『ゑゐり庵綺譚』 著:梶尾真治 徳間書店

銀河の交通の要所「アトランダム・ジャンクション」に最も近い、
惑星ズヴゥフルVの宇宙港の片隅にある蕎麦屋「ゑゐり庵」
銀河ミシュランにも載るほどの美味さと歴史を持つこの店に訪れる、
さまざまな宇宙人客が繰り広げたり語ったり巻き込まれたりする出来事を描いた
連作短編SF。

高校時代に、文庫になる前にの版型の奴を図書館で借りて読み、
そのユーモアと叙情の入り混じり具合に、
「すげえなぁ、熊日で面白いエッセイ書いてるだけの人じゃないんだなぁ」
とかひどい感想を抱いたりしておりまして(笑)。
後日、文庫版が出てる事を知り、なおかつ2エピソードを新規収録してると聞き、
即効で購入。
それ以来、もう10年以上繰り返し読んでおります。

基本、舞台は蕎麦屋・ゑゐり庵から移動しないにもかかわらず、
まーいろいろなバリエーションの話が収録されておりまして、
そもそも梶尾さんと言えば、叙情的SFが非常に上手い人ですので、
そういったお話もふんだんに収録されております……舞台は蕎麦屋ですが(笑)。

個人的に一番好きなエピソードは「スピノザXの奇跡」
これは、ものすごく読んでいただきたい。
そしてオチにあきれていただきたい(笑)。
ほんと、大好きです、この話。
つーか、俺、オチがひどい話本当に好きなんだなぁ、つくづく(笑)。

|

« 枕元の本晒し 5日目 | トップページ | 枕元の本晒し 7日目 »

本晒し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63699/24367072

この記事へのトラックバック一覧です: 枕元の本晒し 6日目:

« 枕元の本晒し 5日目 | トップページ | 枕元の本晒し 7日目 »