趣味

2008年4月 1日 (火)

無題

しかし、まぁ、
がんばってるところに水を差されるってのは良くあることで。
つらいよね、そういう時って。
バーっとちゃぶ台ひっくり返したくなるくらい
カッとなることだってあるさ、人間だもの。

つー訳で、Blogやめます。 引退です。
もうネタも続かないし。
まあ、上の文章でピンと来た人も、
この件に関しては黙っといていただけると助かります。

じゃ、そういうことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

男爵にお髭はありますか!?

……あるってことは時代は変わってないのか(笑)。

そう言うわけで買いました、これ。

Hige_01

もちろんグラスの中はファンタです。
今年のファンタも良い出来だ。

仕事明け、家に帰ったら届いていたので早速視聴。
……えー、あー、んー。
非常にコメントしづらい出来ですな(笑)。

言い訳ではありませんが、俺は好きなんです、面白いんです、非常に。
ただ、絶対一般受けしないだろうなぁ、と(笑)。
ポイントさえわかれば本当に面白いんだけどなぁ。
確かにちょっと理解力がいるんだよなあ、髭男爵。
単純に笑いたい時には向いてないと言うか(笑)。

かといって笑いに説明加えるってのは野暮なんだよなぁ。
その辺が二律背反でもどかしいとこで。
もうちょっと広まってほしいんだけどなぁ。

個人的に、非常に髭男爵らしいショートコンツェルンである
「ワインの喧嘩」が収録されてたので満足です。
……これもとてつもなく人を選ぶネタだとは思いますが(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月29日 (土)

エロゲ晒し並走 赤玉

初っ端からネタばらし。
気づいた人も多いでしょうか、今回のシリーズは、
「何かしらのパロディであるゲーム」のみを取り上げてみました。
とはいえ、チラッと出てくるゲーム名まで
それ系で統一することは無かった気がする戸斗山ですこんばんは。

しかしそういうゲームの多いこと多いこと。
エロゲー業界って、本当にフリーダムだよなぁ(笑)。

で、最後の一発は

「オゲレツ大百科」(West Vision)

最初に言っておく!
ぶっちゃけタイトルのインパクトのみで最後にもってきた!(笑)
……よくもまあ、このタイトルで世に出せたよなぁ。
しかも外伝まで。

ゲームのストーリーとしては。
発明家である主人公が、先祖の「御下劣斎」の残した本を解析し、
ひたすらエロい発明品を作っていく……。

……本当に、よくもまあ(笑)。

正直、システムはアレだしシナリオもアレだし作画もアレだし、
いろいろとアレな作品ではあるわけですが、
とにかくその限りなきチャレンジ魂だけは褒め称えたいな、と。
エロシーンは非常にエロかったですしね。

システムのコンセプトはなかなか面白かったんですよね。
ただ、目標に結果が追いつかなかったって感じで。
その辺は、ブランドを代えて後に出た続編
「機械仕掛けのイヴ」で結実した感じがしますね。

……ま、こんな感じでこのシリーズ終了~。
お付き合いいただきまことにありがとうございました。

……他にいろいろ取り上げたかったのもあるんですがね。
まあそれは別の機会にでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

エロゲ晒し並走 四発目

ゲートキーパーが髭男爵でググってうちのBlogへやってきました。
うん、あれだ。

仕事しろ。

……な戸斗山ですこんばんは。

そう言うわけで四発目ですが。

「遊撃警艦パトベセル」(May-Be SOFT)

パトレイバーナデシコをメインに、
ハルヒとかガンダムとか踊る大捜査線とかを足して、
適当に割った感じエロパロゲーです。

まー、パトレイバー好きだったんで、ついカッとなって購入。
いやー……酷いね(誉)。
基本パロディで、その上にエロシリアストッピングした感じです。
とはいえ、ストーリー展開そのものは……
まあ、どこかで見たような気はするものの、露骨なパロディではありません。

基本的に名前付きの女性キャラは全員攻略可能……ですが、
サブキャラ扱いの3人は、ほぼおまけレベルですな。
エロシーンもメイン扱いのキャラより少ないし。

そのエロシーンですが。
May-Beといえばアニメーション……らしく、まー結構動きます
ただ、たまーにエロシーンの合間で
ギャグを入れるのはやめてほしかったかなぁ、と(笑)

笑えるエロゲーをやりたかったらお勧めです。
全員攻略しようとしたらそれなりに時間もかかりますし、ね。

個人的意見:
 「天使のたまご」だと、押井守監督作品になってしまいますよ?
 つか、そのものずばりのタイトルのエロゲが同じブランドからでてんのね、
 中身関係ないっぽいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

エロゲ晒し並走 三発目

先日の忘年会に参加すべく、半ば無理やり休みを捻出したために、
今もってその時の余波で泣きを見ている戸斗山ですこんばんは。

こう言うのを、しあわせのしわよせといいます。

…………。

えー、そんな三発目は。

「とり×とり」(すみっこ)

えー、一言で言うなら怪○くんエロパロゲーです。
ライバルキャラはドロロンえ○魔くんです(笑)。

……あー、言いたいことはわかるがまだ言うな、頼むから。

登場する女性キャラのうち、怪○くんお供の3人幼馴染
眼鏡委員長、ライバルのえ○魔くんの7人と、
クリア後の隠しシナリオで1人の計8人攻略可能キャラです。

全体的にドタバタなシナリオの中に、
少しずつシリアスが混じっていくタイプのお話で、
ドタバタの部分がテンポが良く、個人的には好きな部類に入ります。
ま、じゃなかったら紹介はしませんが。

意外とエロシーンがガッツリなのも高評価(笑)。
あとは眼鏡委員長北都南が乗ってハネ満ってとこですか。
北都南は、お姉さんもロリも両方出来てやっぱすごいなぁ、と思うわけですよ。
オーサリングヘブンのゲームにもほぼ毎度でてる(←主にそっちの理由での高評価)
……うん、義理とか人情とか大切よ?(笑)

しかし、このメーカーの次回作
魔法の国「ニンキョナーサ」ってなんだおい(笑)。
「~ナーサ」ってつければなんでも魔法の国になると思うんじゃねえ!

……買うか(笑)。

個人的意見:
 「ジサツのための101の方法」のOP/EDはマジで名曲。
 あれだけは、本当にどうにかしてCD化していただきたい。
 万人に聴かせるべきです。
 まあ、ニコ動とかでフル聴けるけども、それはそれ、これはこれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

エロゲ晒し並走 二発目

今回の縛りの一つ目は
「PC-98(notWin98)時代のエロゲーを引っ張り出さない」
な戸斗山ですこんばんは。

いやほら、「さくらの季節」とか、「まじょっ子ぱらだいす」とか
まだ家にあるしさぁ。 さすがにプレイできるかどうか知らんけど。
……って、調べてみたらWin版もあったのか、だったらいけ……いやいやいや(笑)。

ではエロゲ晒し二発目。
新作行ってみます。

「ふたりは!?」(オーサリングヘブン)

2007年11/30発売の新作です。
で、まあ。
ツッコミどこはいろいろあんですが、まず第一に

なんでいまさら初代やねーん!

……まあ、一応まがりなりにもプリキュア雑談やってる身としては
とりあえずつっこまなあかんかな、と。
ちなみに、あの服、着ます、この人ら(笑)。

でー。
まあ、何といってもオーサリングヘブンです。
中身はありません(笑)。
ヤるだけゲー……や、むしろ、ヤられるだけゲー?
基本、やけに性に対して開放的なヒロインと、それに巻き込まれる主人公、
ってーのがここの基本ですから。

なんでそんな中身の無いゲームを買うのかと言うと、
信者だからです。
Theガッツの新作が出るまでここをつぶすわけには!

お願いしますよ社長……orz

個人的意見:
 ダイナミックプロとガイナックス……だったら、
 自分とこのキャラの身売り圧倒的にガイナックスのほうが先です(笑)。
 これ1990年くらいに出てるはずなので。
 しかし、未だに買えるあたりがなんとも……。
 あと、「けっこう仮面 おしおきパラダイスの巻」
 原画やってたエロ漫画家ののぎまことってー人、
 俺、あの人の絵、かなり好きだったんだよねえ……。
 ……うむ、完全におっさんの思い出話だ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

エロゲ晒し並走 一発目

DS版FF4に若本が出てるらしい、と聞き
「どのキャラ?」
「えーと、ルビカンテ」
「んー?……ああね」
と、素で返した戸斗山ですこんばんは。
もちろん、ムーンマッスルにダンベルボムくらってぶっ飛ばされる方な!

……多分3人くらいにしかわからないネタはさておき。
最近あちこちで流行ってるらしいエロゲ晒しに、俺も参入してみます。
ムーブメントには乗ってみます、行かなきゃ乗り遅れます。
心配は親にまかせ、今出来ることをやってみるのですよ。

記念すべき一発目は

「ぱちもそ」(創美研究所)

一言で言えばドラ○もんのエロパロゲーです(笑)。
つーかね、よくもまあやったなあと、やりぬいたなあと。
普通、どっかでくじけますよこんなの(笑)。

まあ、もう5~6年位前のゲームなんでかーなーり記憶はあいまいですが、
地味にシナリオは良かったような気がします。
まあ、作った会社はすでに休眠中ですが、
調べてみたら、まだダウンロード販売はしてる模様。

ちなみにこのシリーズ、4作も出てて、それぞれ
ウルト○マンエスパー○美仮面○イダーのパロディとなってます。
……本当に、よくもまあ(笑)。
個人的に一番好きなのは、ここのファンディスクに入ってた

「大短編ぱちもそ」

……タイトルだけであんたの勝ちだよ(笑)。

個人的意見:
 「姫騎士アンジェリカ~」は、
 攻略キャラのあまりの卑語っぷりに笑うバカゲー。
 
ごめん、俺、あれではヌけない、さすがに(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

M-1もやってるみたいなんで。

最近ちょっと気になる芸人さんについて書きます。

髭男爵、って言うんですけども。

今、M-1の放送見てたら、
予選の映像でちらちら登場してたりするんですけども、
まあ、論より証拠と言うか、とりあえず見てもらいましょうか。

こう言うとき、YouTubeとかニコ動って便利だよねえ。
探せばまず出てきてくれるんで。

俺もこの番組を見てはじめて髭男爵を知ったんですが、
結構芸暦長かったりするんですね、この人ら(笑)。

で、まあ。
確かに面白いんですよ、これを見る限りでは。
ただ、問題が無いわけではなく……。

上の番組を見て、即行、いろいろ調べて、見たわけですね、
髭男爵のネタを。

……あれ、引きだし、少なくね?(笑)

いや、面白いんですよ、一つ一つのネタは。
ただ、その数が多くない(笑)。
動画三つ見て、すでにネタがかぶってるってのは……。

とはいえ。
解りやすいギャグはいくつも持ってるし、キャラ性も十分。
後はネタの弾数だけだから、完全に本人たちの努力次第なんですな。

たぶん、流れは来てる、から、がんばっていただきたい。
面白いのに消えてった芸人さん、いっぱい見てきたからなぁ……。

後、個人的にショックだったのは、
髭男爵の髭男爵の方の人が、俺より年下だったこと……orz。

| | コメント (0) | トラックバック (0)